銀座サロン撮影を終えて

ただ良いと思った瞬間のみシャッターを切る。

それがMZKらしいと思うから。

良いと思った瞬間。。。 つまり片方の目で、世界を四角にしているあの瞬間。

すべてのことから解放されて 視覚(四角)のみに集中出来る。

すごく幸せに感じる。

最近言われるのが

『MZK、なんか写真の雰囲気変わったね』って。

まぁ撮ってるのが紛れもなく僕だから、変わるはずがないのにね。

気持ちの変化や写真への向き合い方が、もしかしたら作品に何らかの影響を与えているとしたら。

でも、それは実はとても自然なことだと僕は思う。

気分がノッテル今だからこそ、どんどん撮影して自分の作品を残していきたい。

カメラを持って写真を撮るという 何万回も繰り返してきたことが 今になって愛おしく幸せに感じる。

写真を撮る瞬間。 それは1/8000秒という とてつもなく短い時間。 世界中のありとあらゆるものが 静止する時間。

でも僕はその瞬間に幸せを感じる。

少なくとも今は感じる。

フィルモルメール銀座:フォトMZK:サロンスタイル:作品撮り:アマルコルド1984:広告撮影:広告カメラマン:山梨:フリーランス

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts