高野 瑞生(TAKANO MIZUKI)

山梨県出身

 


小学生からドラムを始め、中学と高校をバンド活動で過ごす。
バイト代は全て洋服代に消えるほどファッションも大好きである。
音楽とファッションに写真は欠かせないものと思い高校卒業後に写真を撮り始める。
最初は主にトイカメラで撮影、フイルムの面白さにも気付く。
一眼レフを購入し更に写真の面白さにのめり込む。

22歳ブラジル滞在中、現地の若者のハングリー精神溢れる写真の表現力に刺激を受けカメラマンを目指す。
帰国後、都内のブライダルオフィスに所属し、
その後、山梨県のスタジオに勤務し結婚式をはじめ、企業のホームページの撮影やヘアサロン、成人式などでスタジオワークでライティングを身につける。

2016年7月 フリーランスへ

受賞歴

2012年 東京写真月間 入選 
2013年 山梨県営業写真コンテスト 山梨県議会議長賞
2014年 FUJI HAIRDRESSING AWARD2014 グランプリ
2015年 山梨県営業写真コンテスト 最優秀賞

写真への思い

Facebookで1日にアップロードされる写真の枚数は平均3.5億枚。 実際撮影された写真はこれの何倍もあるだろう。 消耗されるだけの写真たち。莫大な写真の中に一生残したい、いつでも見返したい写真はどのくらいあるのか。 自分の撮った写真でたくさんの人をHappyにしたい。家族や友達、自分が出逢った人たちの思い出の一瞬を残したい。 手軽に撮れる時代だからこそ頼られる存在になりたい。毎日が誰かの記念日なのだから。

プロフィール